炭谷入の大杉

名栗では「沢」のことを「入」とも呼びます。

赤い岩・チャートの記事でも「山中入」という沢の名前が出てきました。

上名栗・飯能市役所名栗庁舎の近くに、入間(名栗)川に流れ込む炭谷入という小さな沢があり、沢沿いの林道を徒歩で10分も辿っていくと見事な杉の大樹を見ることが出来ます。

大樹

太い幹

しかも杉の根元からはまるで双子のように別の大樹が伸びています。おそらくケヤキの木ではないかと思われますが、異なる樹同士がこうやって根本が同化したようにくっついているのは珍しいのではないでしょうか。

双子の大樹

2本の大樹

この2本の大樹の背後には祠が祀られていて、信仰の対象とされてきたようです。古い言伝えがありそうですが、現時点ではググっても何も出ず分かりません。何か分かり次第、記事にしていこうと思います。

さて、梅雨入りしてるというのに、一向に雨の気配を感じません。

林道沿いにちらほらと白い花が咲いています。春から初夏にかけて山野では白い花を多く見かけるようです。

炭谷入

ヒメウツギの花

中腹

オオバアサガラ

オオバアサガラ

オオバアサガラ

小1時間も歩くと尾根近くに出ます。遥かかなたに下界を望む見晴らしというのは本当に気持ちのいいものです。

山の見晴らし

 

※林道は林業関係者以外の一般車両の通行を制限しています。それは路肩の崩壊・落石など通行に危険が生じるためです。例え入口が閉鎖されていなくても車での進入は控えて下さい。万が一、林道自体に起因する事故を起こしたとしても、道路管理責任を問う事はできません。(徒歩でも同じだとは思いますが……)