Nob Sasa の紹介

2人の子持ちのpapaです。子供たちが社会人になった今、自由気ままに奥武蔵自然公園の魅力を伝えていくことに情熱を注いでます。ちょっぴり地域貢献できると嬉しいですね。

渇水名栗湖

梅雨らしくもない梅雨が明け、毎年のように酷暑がやってきております。

埼玉県西部を流れる入間川流域では、田んぼが広がる光景をあちこちで見ることが出来ます。のどかな田園風景だなぁ…とノン気に思ってられないのは農家の方々。この時期、田んぼに張る水の確保に頭を悩ませています。

そこで名栗湖に貯められた水の出番となるのです。入間川の流量を一定に保つように放水されています。

naguri-lake

通常時の名栗湖

IMG_0617

渇水時の名栗湖

ダム上部から見た名栗湖ですが、この場所からだと、確かに湖水は減っているけど、渇水とまでは言えないですね。ところがダム周回道路を入ってみると、

IMG_0618

白谷沢の橋の上から

かなりヤバい感じに湖水がありません。でも湖底が浅い場所ですから、当たり前といえばそうなんです。
この近くにある取水口もこのように底近くまで姿を現してくれていました。

IMG_0619

渇水時の取水口

C-5 放水口

通常時の取水口

名栗湖は、有間川を堰き止めて出来上がっていますが、こうやって湖水が減っているときにだけ、元々あった有間川の姿を見ることができるわけで、タイムスリップしたような気持ちになります。

IMG_0620_stitch

名栗湖畔にあるカヌー工房のカヌー乗り場の桟橋もご覧のとおり、最下部にまで下がっています。

IMG_3522

IMG_0644

カヌーを漕ぎ出して、往年の有間川を遡ってみたい気になりますが、カヌーの貸出しをしてくれるかどうかは不明です。
名栗湖の水は減ってますが、上流の有間川からは枯れることなく清流が流れ込んでいました。広大な秩父山系から浸み出してくる水はどうやら無限に近い保水力があるようです。

IMG_0625

名栗湖に注ぐ有間川

IMG_0626

コバルトブルーの清流

最後に道路通行止め情報です。

有間ダム管理事務所からカヌー工房へ通じる道路が落石の為、現在通行止めになってます。そのため、ダムを横切って白谷沢を通る周回道路へ迂回するようになっています。周回道路は道幅が狭く、すれ違いが困難ですので安全運転を心掛けて下さい。工事期間は8月までかかる見込みのようです。

IMG_0645

落石したコンクリ壁