赤い岩 ~大鳩園

飯能・上名栗にある大鳩園キャンプ場は、入間(名栗)川の上流の渓流(白岩沢)沿いにあるキャンプ場です。

この大鳩園の第6駐車場付近では、白岩沢と山中入という沢が合流しているのですが、この付近の川床に、大きな赤い岩盤を見ることが出来ます。

透き通った水の流れの下(川床)というのは石のグレーか黒か、水草の緑というのが見慣れた光景ですが、その中で鮮やかな赤褐色の岩があって、目を奪われるような美しさを感じてしまいました。

大鳩園

橋の上からのチャート

赤い岩

この赤い岩(岩盤)のことを地質学では、チャートと呼ぶそうです。

チャートとは堆積岩の一種で、放散虫という海のプランクトンが死んで堆積したものが化石化したものだそうです。

え?!海のプランクトンの化石…?

そうなんです、恐竜がわがもの顔に地上を支配していた、ジュラ紀(約1億3千万年前)には、この秩父山系あたりは海の底だったのです。

しかもなんと4,000m級の深海の底!チャートの堆積速度は1mm積もるのに千年かかるそうで、大きな岩になるまでは、いったいどんだけの年数がかかったことやら。

今の関東平野が陸地になってきたのが、約200万年前後と言われていますから、まあ、ざっと1億数千万年は深海の底で静かに積もり積もって化石化していたということになります。うーん、スケールが巨大すぎてちっとも実感が湧いてこないですよね。

ともかくも、大鳩園の川で遊んでいて赤い岩を見つけたら、恐竜時代に海の底で堆積してできた岩だと思ってください。

沢との合流点

淵の赤い岩

ちなみに、このチャートは秩父山系のあちこちで見られます。でも地上に露出してるのは、赤色がくすんでたりして見つけづらいかもしれません。濡れると鮮やかな赤色になりますので、雨の日なんかはいいかもしれませんね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>