釣りとキャンプ

6月1日から入間(名栗)川の鮎釣りが解禁となりました。これからの季節、川にはたくさんの釣り人の姿を見かけるようになります。

鮎釣りといえば、友釣りという独特の釣り方があります。友釣りとは、エサで釣るのではなく、生きた鮎(おとり鮎)を使って、川の鮎を釣り上げる方法です。これは自分の縄張りに入ってきた他の鮎を追っ払うという、鮎の性質を利用したものです。

おとり鮎からは釣り針が垂れていて、攻撃してくる鮎がその釣り針に引っかかって釣られるというわけです。おとり鮎を川に放していかにポイントに誘導するか、攻撃してくる鮎を引っかけるタイミングなどにコツが必要で、普通の釣りとは違った面白さがあります。おとり鮎も次第に弱まってくるので、釣り上げた新しい鮎を次々におとり鮎にして釣っていくそうです。

普通のエサ釣りや毛バリなどでも鮎釣りは出来ますが、友釣りにハマる釣り人が多いようです。ちなみに、エサ・毛バリ釣りは7月1日が解禁日。疑似エサであるルアー釣りは、8月25日解禁となっています。解禁日が早い友釣りは、それだけ釣るのが難しいということなんでしょうか。

釣りの解禁日や、入漁料など詳しいことは入間漁業協同組合もしくは下記リンクへ

解禁日と入漁料

入間川のつり専用区の案内

さて、名栗川のキャンプ場は全て川沿いにあります。貸し竿が置いてあるキャンプ場もありますが、まぁ、鮎釣りは無理としても、ハヤなどの雑魚釣りは楽しめると思います。

その中で、マス釣り場を用意してあるキャンプ場は3か所あります。

白岩渓流園 砂防ダムの真下にある滝つぼがマス釣り場。別に、川の小さな溜まり部分に放してくれて、マスの手づかみが出来ます。

ケニーズファミリービレッジ マス釣り用の池(コンクリートプール)が整備されていて、手軽に釣ることが出来ます。

有間渓谷観光つり場 自然の渓流を利用した本格的なつり場です。現在オートキャンプ場を併設する予定です。

上記の中でもケニーズファミリービレッジは、四角い池でたくさん泳いでいるマスを釣り上げますから、初心者でも簡単に釣り上げることが出来ます。他の2カ所は自然の滝つぼ状態にマスを放流しての釣りですから、釣りのだいご味を味わいたい方はこちら。放流した分だけ釣れるかどうかは、あなたの腕次第です。

さて釣り上げたマスを塩焼きで食べるのがまたキャンプの楽しさですよね。透き通る清流で泳いでいた魚ですから、臭みなんて全くないです。川魚が苦手な人でも全然大丈夫。

ただし、問題がひとつ。焼く前には、はらわた(内臓)を取り出さなきゃ。上記の3か所では、頼めばスタッフが捌いてくれて、串刺して、塩振って、後は焼くだけ状態にしてくれますが、ここは自力でトライしてみましょう。

マスの処理のお手本の動画です。ケニーズファミリービレッジの川口さんにご協力いただきました。

 

 

釣りとキャンプ” への2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>