夢の跡

その昔、華のお江戸での材木需要を担っていたのが、名栗川や高麗川上流の山間部から切り出される西川材でした。

当時の建築資材は全て木材ですから、もちろん西川材だけでまかなえるはずもありませんが、優良な杉やヒノキの産地としての西川材はかなり重宝されたそうです。

山の地主や材木商が相当な財を成していたのは容易に想像できます。

名栗地区にはその名残とも言うべき史跡があります。

大正13年に竣工した名栗川橋は、当時としては画期的な鉄筋コンクリートアーチ橋で、埼玉県の有形文化財、土木学会からは選奨土木遺産に指定されています。

また、昭和4年に建てられたという名栗郵便局は西洋建築のモダンな建物。入口に飾り柱があったり、外壁に鳳凰のレリーフがあったりと、当時としては贅を尽くした造りです。

旧名栗郵便局

築84年

名栗川橋

さらに、現在の名栗湖・有間ダムが出来る前までは発電所がありました。地元の人々がお金を出し合って建設したのだそうです。ちなみに高麗川の吾野発電所も地元民の力で建設されました。

今は、のどかな山里にしか見えませんが、とんでもない!財力のある先進的な文化を持つ地域だったことが分かります。

で、夢の跡の話です。

昭和40年代の木材の輸入自由化以降、国内林業はすっかり衰退してしまいました。

飯能市内から車で15分ほどの山中に、林業で財を成した人のお屋敷がひっそりと朽ち果てています。近所の人の話だと、家人が絶えて空き家になっているとのこと。親戚の人が管理しているそうで、入口にはチェーンで立ち入れないようになってました。

廃墟の屋敷

小屋

裏山からの屋敷

栄枯盛衰。栄えたり衰えたりを繰り返す人の世のはかなさを感じます。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>