シャガ

アヤメ科アヤメ属シャガは、中国原産でかなり古くから日本に入ってきた帰化植物。

シャガ

種や球根を作らず、根茎を伸ばして群落を形成する野花。日本各地で見られる。

Wikipediaの記述によると、日本に存在する全てのシャガは同一の遺伝子を持っていて、その分布の広がりは、人為的に行われたと考えられる。自然林内にはあまり自生せず、スギ植林の林下に群落がみられる。と、あります。

つまり林業に携わる、いわゆる山の民がシャガを株分けして、各地に広げていったのではないかと、容易に想像することが出来ます。

昔の山の民は、シャガに何を感じていたのでしょうか。可憐な、きれいな花だから家に持ち帰ったのでしょうか。想像を膨らませることを許してもらえるのなら、何か宗教的な、神仏に通じるような何かがシャガに対してあったのではないでしょうか。山の守り神とまでは言いませんが、それに近い崇拝の対象として、人々が我が山に持ち帰って植えたのではないかと思うと、かなり神聖的なロマンを感じてしまいます。

シャガの群生地

シャガの花は1日でしぼんでしまうそうです。その儚(はかな)さもまた、山の民の心をつかんでいたのかもしれません。

飯能・名栗は西川材の産地で知られるとおり、山の民が暮らす土地でもあります。山を分け入る細い山道の奥の奥にまで民家があったりします。そんな杉木立の中を抜けて行く山道の両側に、白く淡いシャガの花々が咲き誇っていました。

花の時期は4~5月です。低地から咲き始め、日が経つにつれ高地に移っていきます。そろそろ花の時期は終いですが、もしかしたら山の高いところで見ることが出来るかもしれません。ただし、民家が近くにあればの話ですが。

シャガの群生地林道沿いのシャガ貴婦人のような気品のある花

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>