志久屋さんのミツバチ

赤沢にある志久屋さんは、地元のスーパーです。

スーパー志久屋

小さいお店ではありますが、野菜類がおいしいことで地元では定評を得ています。大手スーパーとは品物が違うと、長年通っているお客さんが言ってました。「うちは八百屋だからね」と、当たり前のように言う社長の趣味のひとつがミツバチです。

自宅玄関脇に、なぜか普通に蜜箱が置いてあります。遠目にはただの木箱にしか見えないのですが、近づいてみると、たくさんのミツバチがブンブン飛び回ってます。

玄関横の養蜂箱

養蜂箱

ミツバチ

うわぁ~、ハチだぁ!!! って、知らない人はビックリしちゃうと思います。番犬ならぬ番ハチですね。

でも、そーっと近づく分にはミツバチも警戒するものの、刺してきたりはしませんでした。「ねっ、可愛いもんでしょ」とニコニコ顔の社長。養蜂場ではよく煙を吹きかけてミツバチをおとなしくさせてますが、全然そんなこともせず、普通に接してました。だからこっちも普通に近づいて写真撮ってましたけど、刺すときは刺すそうです。お気をつけあれ。

買ってきたばかりのミツバチ

ミツバチのエサ

巣作り

ちなみに5月の連休後に自宅の玄関先でイノシシに出くわしたことがあるそうです。お店の裏に積んであったジャガイモの箱が食い荒らされちゃったとのこと。鹿も出てくるし、猿も出てきて、自宅裏にある畑はしっかりと防護柵で囲まれてます。

自然というか野生に接している環境だから、ミツバチも当たり前に飼えるんでしょうか。でも銀座のビルの屋上で養蜂してるぐらいだから、環境というより、やっぱり趣味なんですかね。ハチミツを採取するためというより、一生懸命飛び回ってるミツバチたちを目を細めて見守ってる志久屋の社長さんでした。

ミツバチも数が減少しているようで、農業では受粉作業に支障が出て問題になっているようですね。EUではミツバチ保護のために農薬を禁止するというニュースもありました。

養蜂箱のフタを取って中を見せてもらったときの動画です。差し込んである板(巣板)おかまいなしに丸く白い巣が作られていました(分かりずらいですが)。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>