名栗茶

夏も近づく八十八夜~♪ って、5月は茶摘みの季節です。

地元飯能ですら知らない人が多いんですが、名栗川流域はお茶の産地でもあります。県道70号線から58号線沿いを走ると、畑の合間に茶畑が点々としているのが見られます。この地域一帯で採れるお茶を「名栗茶」と呼んでいます。

上名栗・JAのお茶集荷場

集荷作業

袋詰めされた茶葉

実は、この名栗茶はほとんど市場に出回りません。だから地元飯能でも知らない人が多いのも無理ないのです。何故、市場に出ないのか……。

名栗茶は、農家の人々が自分たちの家用に飲むために栽培されているからです。

自家用なんです、あくまで。なーんかスゴイですね。

商品として出荷するようなお茶は品質保持のために消毒は欠かせません。でも、名栗茶は、自家用ですから、消毒も一切せず、農薬も使わないで栽培してます。

製茶工場に届けられた生の茶葉

高温で蒸されて、柔らかくなった茶葉

茶葉をより分けて、形を整える機械

「名栗のお茶はそんな高級でもないよ~」と農家の方は謙遜しますけど、形や色が多少悪くったって、無消毒・無農薬っていいに決まってます。でも、出回ってないんですよね。

けど、数は少ないながら、一部の農家の人が販売用に卸してますから、買えないわけじゃありません。名栗湖の「やませみ」で扱ってます。他のお店でももしかしたら売ってるかもしれません。ただし、何度も言うようですが、絶対数は僅かです。

上名栗のケーキ工房「綵珠」さんでは、この名栗茶の2番茶(初夏に摘む1番と、夏の終わりに摘む2番茶がある)を使って、自家発酵させた紅茶を売ってます。緑茶ではなくて、紅茶です(クドくてすみません)。在庫があれば、名栗茶(1番茶で作ったもの)が買えるかもしれません。

製茶工場で、仕上がったお茶

名栗茶を自家発酵させた紅茶

ちなみに農家では、2番茶は収穫しないらしいです。何故かって?自家用ですからね。お茶が余ってもしょうがないっていう事のようです。うーん、もったいない!と感じるのは、私だけでしょうか。

 

製茶の工程をざっくりと動画にまとめました。工場の中はお茶の香りでムンムン、お茶の粉末は舞ってるし、ボイラーがガンガン燃えてるし、すごかったです。