創造と工夫が川遊びを面白くする

タイトルの名言は、下名栗にあるバーベキュー場「さつき」さんのご主人の言葉です。

バーベキューで川に遊びに来ても、子供たちは水鉄砲で、バシャバシャ騒ぐだけ。それだけじゃあ、川遊びの本当の面白さが味わえない。

川遊びの醍醐味は、生き物との遭遇。石をひっくり返してみたり、浅瀬をじっと観察してみたり、岸辺の草を網ですくってみると…

虫がいたり、稚魚が群れで泳いでたり、沢ガニの抜け殻があったり、川エビが捕れたりします。一見、ただ水が流れている川ですが、そこには様々なあらゆる生き物が棲んでいるのだと知るだけでも、川遊びの面白さがグンと増すんです。

岸辺に棲む虫たち

川の魚たち

観察箱や網を持ってこなくたって、身近な材料で工夫できます。ペットボトルを半分に切れば、立派な観察水槽に早変わり。使い古しのパンティストッキングと針金ハンガーがあれば、あっという間に小さな虫や稚魚をすくえる網になります。

コンロを設置したら、あとは肉焼いてビールかっ食らってばかりのお父さんたちも、子ども達と一緒に、岸辺の石をひっくり返してみて下さい。水辺の草が茂っている所に網を突っ込んでみて下さい。ピンピンと飛び跳ねる川エビや、小さい雑魚が捕れたら、めっちゃ楽しいですよ。きっと子供たちより夢中になります。

バーベキュー場「さつき」の川原は石がゴロゴロして、歩きづらいし、ターフも設置しずらいです。川原に重機を入れて平らにしてしまえば、楽になるしお客さんも増えるかも知れないのに、さつきのご主人はあえてやりません。それは、川辺に棲む生き物たちが住めなくなってしまうからだそうです。

さつきのご主人

みずたまり

川原

焼肉とビールのBBQもいいですが、今年の夏は、子ども達と川遊びをもっと面白くしてみませんか?

さつきのご主人が手慣れた手つきで、頭にかぶっていた手拭いの両端を縛り、ハヤめんっ子(ハヤの稚魚の事)をすくう様子を動画に収めました。