しばづと ~山里の味~

【しばづと】は飯能市名栗の郷土飯(めし)です。

赤飯のおにぎりをほう葉で包んだもの。単純ちゃあ単純ですが、作るには手間暇かかる1品です。

ほう葉というのは、朴(ほう)の木の葉っぱのこと。飛騨高山の朴葉味噌が有名ですね。

このしばづとを食べると、ほんのりほう葉の香りが鼻に抜けます。…あー、おいしい。

山のきこり飯といった紹介のされ方もあるようですが、本来は6月頃に各家庭で行われていた山の神様へ捧げるお祭りのときに出される特別な料理でもあったようです。

いずれにせよ、山とは縁の深い事には変わりないですね。

このしばづとは、名栗湖畔にある「レイクサイドテラス名栗湖」で買うことが出来ます。1個150円。お店で食べると沢庵の漬物が付いてきます。(できれば市販品の漬物じゃなくて自家製漬物だったら尚最高でした)

お店には名栗湖に面したテラスがあって、そこでしばづとをいただきました。湖面を吹き抜ける皐月の風が心地よく、しばづとの味も一段と風味が増したかもしれません。

しばづとは朝、赤飯を炊いて仕込むので、数には限りがあり。いちいちほう葉で包んで藁で縛るので、手間暇もかかります。うまくゲットできたらラッキー!。

赤飯のおにぎりをほう葉で包んだもの。

中の赤飯にはごま塩が振ってあり、塩加減がおいしい

ほう葉です

レイクサイドテラス名栗湖の外のテラスからの名栗湖の眺め