天狗のとまり木 ~せせらぎキャンプ場から~

飯能市上名栗にあるせせらぎキャンプ場の山に古い古い1本の樫の木があります。

大きな岩に根っこをからませた大樹です。土から生えてるんじゃなくて、岩から生えてます。

岩に落ちてきた種が長い年月をかけて岩の隙間に根を張り、がっしりと掴みこんで大きく育ったのです。樹齢は定かではありませんが、2~300年ではここまで大きくならないだろうって、キャンプ場管理人のおじいちゃんの話でした。

この樫の木には、「天狗のとまり木」という言い伝えがあります。

飛来してきた天狗がこの木に止まって、提灯をぶら下げていたそうです。この名栗の山地には古い神社仏閣がたくさんありますが、その昔山岳信仰の修行の場として、山伏やら修行僧らが山谷を駆け巡っていたそうですから、天狗のとまり木という言い伝えは、まんざらホラ話でもないようです。

せせらぎキャンプ場を利用されるおりには、ぜひ見に行って下さい。ただし木が立つ巨岩の周りは急斜面で、落ち葉も積もってたいへん滑りやすいので、下から見上げるだけにしてくださいね。

もしかすると真夜中に天狗がぶら下げた提灯の明かりが見えるかもしれません。

せせらぎキャンプ場の山のキャンプサイトから見上げることができます

巨岩を抱え込むようにしっかり根を張った樫の木

樹齢は定かではありませんが、少なくとも300年以上は経ってます

固い岩の上なので、根は曲がりくねってコブのようになってます