水棲生物観察会 ~ケニーズファミリービレッジ

子どもの日のイベントとして、水棲生物観察会が上名栗・ケニーズファミリービレッジオートキャンプ場で開催されました。

川に棲む生き物たちを実際に目で見て、自分たちの手で捕まえてみようという企画です。

水棲生物観察会

岡部さん

この時期の川では稚魚たちが群れをなして泳いでいたり、石の下では川虫の幼虫たちが蠢きはじめて、にぎやかな様相を見せ始めています。

講師は、地元の岡部さんという方。川仙人というあだ名がつけられるぐらい、川の事を知り尽くした人です。

稚魚の説明

ハヤの稚魚

川にはどんな生き物がいるのか、講師の先生の話をじっと聞き入る子供たちの真剣なまなざしがとても印象的でした。最後に、川に入るときの決まりごとの説明が終わると、みんな一斉に川へダッシュ!やっぱ、待ちきれなくてウズウズしてたんですね。

各々、水中メガネや、水中観察箱と、網を片手に川の中を探しまくってます。そんな生き生きとした様子を見てると、つくづく子供って自然の申し子だなぁって思いました。

川の子ども達

獲物探し

安全確保

都市部に住む子供たちの日常生活の中で、今や「川遊び」というジャンルは絶滅していますが、こうやってその環境に置いてあげるだけで、眠っていたDNAがたちまち息を吹き返して川遊びを楽しんでしまうんですね。

とかく事故を未然に防ぐために、危険なことを制限せざるを得ないご時世ですが、ケニーズさんでは数多くのスタッフを出して、安全面に気を使っていました。川遊びの楽しさを少しでも多くの子供たちに体験してもらいたいという思いから、こうした無償のイベントを企画し、開催するというのは、なかなかできないことだと思います。

こうした地道な努力が実を結んだ結果が、ランキング1位になってるんですね。さすがですケニーズさん。

埼玉新聞の記事

最後に、この日獲った魚たちや虫たちは川へ戻してあげてました。胃袋に収めない限り、キャッチアンドリリースはもはや常識ですね。