天目指峠

無知な私は、ずーっと「天目指峠」を「てんもくさし峠」と呼んでおりました。

地元の人に?ってな顔されて、ようやく「あまめざす峠」と読むことを知りました。

天(あま)を目指す峠?…うわぁ、ロマンチックな名前じゃん!と感動もつかの間、語源は「アマメ」からきているらしいです。アマメとは、この付近の方言で、豆柿のこと。山地に自生する親指大の小さな柿です。

で、「指(さす)」は、山地を焼いて種をまく焼畑のことを言うそうです。つまり天目指峠とは、豆柿が豊富に生えている、焼畑が盛んな地区の峠という意味で名づけられた訳です。

ふぅ~。 ロマンチックな想いは玉砕されましたが、実際の峠道は、うっそうと茂った林の中を抜ける狭い山道で、これはこれでロマンチックと言えなくはありません。所々に道が広くなった待避所が設けられてはいますが、ほぼ全線にわたってすれ違いも困難な狭い道です。

天目差峠は上名栗と西吾野を結ぶ峠道です。峠の頂上には、伊豆ヶ岳と子の権現を結ぶハイキングコースが横断しています。

休憩小屋

伊豆ヶ岳への入口

子の権現入口

伊豆ヶ岳というのは正丸峠から連なる山で、奥武蔵自然公園内でも有名な山です。標高こそ851mと高い山ではありませんが、展望の素晴らしさから多くのハイカーが訪れています。

この天目指峠を名栗から吾野側に越えると南川と言う集落があります。山あいののどかな集落ですが、あちこちの谷筋に沿って家が建ち並び、けっこう広い範囲にあります。

南川の村落

農家

しかし、車で走っていても人を見かけません。郵便屋さんのバイクとすれ違うぐらい。昼間はみんな都市部へ仕事へ行って、おじいちゃん、おばあちゃんが留守を守ってるんですね。

そんな南川にある、大山祇(おおやますみ)神社を訪ねてみました。

この先行き止まりという、車1台分の幅しかない狭い道を上っていくと、沢に架けられた橋の向こう岸に神社があります。

大山祇神社

神社

石碑

大山祇神社は、愛媛県今治市に総本社があり、山の神の総元締めの山神と金運の神ということで、たいそうご利益がありそうなご祭神です。さすが西川材の産地だけあって、山の神様と金運の神様を祀っているというのは、かなり人間臭さを感じます。

創建年代も由緒も神社の案内板が無くて、よく分かりません。ググってみましたが、上記の説明ぐらいしかヒットしませんでした(それでもまだマシ?)。

しかし別の案内板が立っておりました。埼玉県と飯能市の教育委員会のもので、埼玉県指定天然記念物「南川のウラジロガシ林」を説明するのもです。詳しくは画像で。

案内板

木の根

そのウラジロガシ自体が素人(&無知)の私にゃあ、さっぱり分かりませんが、神社入口の橋の頭上には大きな枝ぶりのカエデがいっぱい広がっていました。秋になったらそれは見事な眺めになるでしょう。

モミジ

もみじの葉

紅葉の時期にはぜひ訪れたい神社ですね。それと金運の神様というのは後から知ったので、今度は真剣にお参りしたいと思います。