名栗に泳ぐ鯉のぼり

飯能市内から名栗方面に抜ける県道70号線を走り、原市場を抜けた先に雄大な鯉のぼりが泳いでいるのが見えます。

県道からは手前の民家越しになって全部は見えませんが、それでも屋根の上を優雅に泳いでいます。

とても気になって訪ねてみると、そこは叶木材さんの広い駐車場。

雄大に泳ぐ鯉のぼり

ゆうに全長6メートルはあろうかという鯉が5匹、それも支えているのはなんと一本の木です。

支柱となっている杉の木は高さは20m越え。地中に2mほど埋まっているので、24,5m(6階建てに相当)の一本杉を使用しています。

普通なら鋼鉄製のパイプを使うところを、あえて木材にこだわるなんて、伝統ある西川材の誇りを守り続ける、叶木材さんの心意気を感じます。

これだけの長い木になると、山から切り出しても運搬するのが、すごく大変らしいです。狭い山道をトレーラーが通れないとダメですからね。最終的にはヘリという手段がありますが、うん百万と費用が…。

叶木材さんの場合は、何とかトレーラーで搬出することができたそうです。ちなみに、これと同じ長さの支柱が、イトーヨーカドー(セブン&アイホールディングス)会長の家に収められたとか。

さてさて、長さもさることながら、見事なのが木の細工です。

長い支柱を支えるために、両側から2本の補助柱が添えられているのですが、本柱との接続は、ボルトでも鉄板でもなく、1本の横木です。

貫差しとも角だしとも言うらしいのですが、この隙間なくぴったりに差し込まれた加工技術は見事なものです。まさに大工さんの職人技ですね。

土台を支える補助木

雄大に泳ぐ鯉のぼりの動画です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>