土の道を歩いてみよう

今、「懐かしの昭和」が流行っているようです。

私自身の昭和というのは、バカなことばっかりやってた苦い思い出ばかりです。それを世間では青春と呼ぶようですが、いやぁ、あの当時の自分を振り返るのは勘弁です。アハハ。

そんな私自身の昭和の記憶に残るひとつに、砂利道があります。いや、砂利すらひかれていない土のままの道です。雨が降るとあちこちに水たまりができて、靴が泥だらけになる道の事です。

舗装されているのは幹線道路だけで、住宅街や裏道などは未舗装のまま、水たまりのできる道だらけだったのが昭和でした。

今はそんなことはありません。どこもかしこも、農道さえも綺麗にアスファルト舗装され、靴が泥で汚れることもなくなり、とても便利になりました。車もタイヤが汚れなくていいですよね。

もはや舗装されてない土のままの道は絶滅状態です。土の上を歩こうと思ったら、公園の芝生か、林の中の遊歩道か、田んぼのあぜ道か、畑か、それとも造成地の工事現場ぐらい?いずれにしても生活道路においてはほぼ100%舗装されています。

で、それでいったい何が言いたいのか…。

土の道を歩いてみて下さい。5分や10分じゃなく、2時間ぐらいかけてゆっくり歩いて下さい。そうすれば、私が何を言いたのかお分かりになると思います。

今じゃ、2時間も歩いていられるような土の道なんて、川の土手か、山のハイキングコースぐらいしかありません。雑木林が残るような自然公園ならまだ残ってるかもしれませんね。

土の道を歩くと、舗装路というのがいかに固い地面だったか、ということが実感できると思います。土の道って脚に優しいんですよ。草地や芝生のように柔らかすぎる地面も逆に疲れますが、適度に締まった土の上は足腰への負担が軽減されるように思います。

と書きつつ、脚に優しいとか、腰への負担が軽いとか、そういった事が話の主題ではありません。

土の道を歩いていると、不思議と心が穏やかになるのです。林や森の中のハイキングコースなら、いっそう効果が強まります。森の木や大地から発せられる「気」に包まれるからでしょうか、心が軽くなるというか、とっても心地良くなるのです。

宮沢湖ハイキングコース

天覧山ハイキングコース

多峯主山のハイキング道

しばらく土の道を歩いていて、やがて舗装路に出たときに、それまで実に心地よさを感じていたことが実感できるでしょう。アスファルト地面の強烈な固さは、心が折れそうになるぐらい歩くのが嫌になります。

ゆえに私の結論は、舗装路はストレスがたまるということです。しかも、どこもかしこも舗装されているわけですから、ストレスを受けていることすら気づくことが出来ません。日常的に舗装路を歩くことで、知らぬ間にストレスが蓄積していっているのです。

週末、天気が良かったら、ぜひ土の道を歩いてみて下さい。宮沢湖天覧山のハイキングコースはとても歩きやすい、お試し歩きには絶好のコースです。

体力づくりや健康維持のためにランニングを日課にされている方も大勢いらっしゃると思いますが、心の健康のためには、土の上を歩くことをおススメいたします。